株式会社サンクゼールの企業情報サイトです

St.Cousair

MENU

タンザニアへの支援活動

サンクゼールでは、タンザニア出身のスタッフ・小林フィデアの祖国を支援する活動に賛同し、2009年より寄付つきの商品としてジャムとパスタソースの販売を開始。お預かりした寄付金は、彼女が理事長をつとめるNPO法人「ムワンガザ・ファンデーション」を通じて、タンザニアの孤児の養育と自立支援活動を支えてきました。また、2021年4月には、絵本 「 Fidea s Miracle Jam フィデアの奇跡のジャム 」を発売し、フィデアの活動を広く知っていただくために役立ててきました。
さらに2022年からは、安定的なタンザニア支援のため、寄付額増のために、自社製造商品1点の販売ごとに一定数の金額が寄付される仕組みに変更。孤児たちが暮らしていくために必要な寄付が安定的に届けられる仕組みを確立していくと同時に、身近にある様々な問題を解決するための幅広い支援を行う礎を作っていきます。

2030年に向けて活動をさらに強化

サンクゼール・久世福商店の自社製造商品は全て1点につき一定数の金額がムワンガザファンデーションに寄付されます。

季節限定ジャムは、ほかの自社製造商品よりも多い寄付金額、1本につき10円がムワンガザファンデーションに寄付されます。

サンクゼールでは、経営理念を実践し、継続した社会的責任を果たしていくため、2030年に向けた指標を示しています。その主な取り組みのひとつである「タンザニア支援活動」において、商品販売による寄付額を、2018年度の2倍に (364万円から728万円)にすることを目標として定めました。
寄付金は、NPO法人「ムワンガザ・ファンデーション」を通じて、タンザニアのNGO・SWACCO(ソンゲア女性と子どもの支援団体)へ。SWACCOが運営する施設では現在、病気で両親を失った孤児子供たちとシングルマザーの母子の約60名が生活しています。当施設では運営費用が不足しているため、2022年現在、新たに入所を希望する孤児たちの受け入れがができない状態です。
サンクゼールでは、この必要資金の調達のため、フィデアとともに活動の強化を目指しています。

タンザニアと日本の架け橋、小林フィデアについて

長野県飯綱町の小高い丘の上に建つワイナリーレストラン・サンクゼール。
一歩足を踏み入れれば、目の前に葡萄畑と広大な景色が広がる。
宙に浮かんでいるような眺望に心奪われていると、「いらっしゃいませ~」とスタッフの歓迎の声が響く。
その中でひときわ元気で明るい声が聞こえたら、それがフィデアだ。

彼女がレストランで働き始めて十数年が経ち、流暢な日本語に目を凝らす人も多い。
誰にでも笑顔で話しかけ、心を解きほぐしてくれる…
そんなフィデアに魅了されて、度々レストランへ足を運ぶお客様は後を絶たない。
結婚披露宴の時には、フィデアはパティシエが手がけた生ケーキを頭にのせて登場する。
それは緊張していた新郎新婦やゲストが満面の笑みになる瞬間…
フィデアの周りには、いつも明るい雰囲気が漂っている。

Profile

  • 高校卒業後、1年間の兵役を経て、心身障害児養護施設の教員となる。
  • 1996年 青年海外協力隊員としてタンザニアに赴任していた小林一成氏と結婚、来日。
  • 1998年よりワイナリーレストラン・サンクゼールに勤務。
  • 1999年 タンザニアのエイズ孤児らを支援する「ソンゲア女性と子供の支援団体(SWACCO)」を母と姉と立ち上げる。
  • 2010年 タンザニアの孤児支援を継続するため、NPO法人『ムワンガザ・ファンデーション」を設立

NPO法人 ムワンガザ・ファンデーションについて

ムワンガザは スワヒリ語で 光 という意味です。

MISSION

わたしたちは、フィデアのタンザニア孤児支援活動への共感と賛同にもとづき、現地で暮らす人々とのパートナーシップを大切にしながら、すべての子どもたちが等しく、希望の光を見失うことなく生きていくことのできる未来を目指します。

VISION

タンザニアで増え続けるエイズ孤児や身寄りのない子どもたちのための孤児院建設、および孤児院の運営維持に対する支援事業を行います。そして、孤児たちが援助に依存することなく自立できる体力と意欲、学力と就業技術を身に付けた人材に育つよう支援を続けます。

日本とアフリカの相互理解を深める活動をとおして、人権擁護と環境保護にかかわり、それぞれの生き方や社会のあり方を見直す機会を提供します。

代表 小林フィデア

top
タイトルとURLをコピーしました