商品紹介

サンクゼールのオールフルーツジャムが新しくなりました

くだもの実感製法!

低温調理技術
二段仕込み
原材料は全て果物由来

サンクゼールのオールフルーツジャムは砂糖を使わず、果汁で甘味を整えた低糖度ジャム。(糖度42度未満)
さっぱりとした味わいが好評で、サンクゼールのロングセラー商品になっています。
そのオールフルーツジャムがさらに美味しく魅力的なジャムに生まれ変わりました。



低温調理のメリット!

低温調理技術により、加熱による風味や色の劣化が抑えられ、いままでのジャムに比べてフレッシュ感のあるフルーツ本来の香りを感じることができます。また果肉の形をのこすことができたり、鮮やかな色あいになったりといいことがいっぱいです!




二段仕込みのメリット!

くだもの実感製法では、原料にともなう果物を二段階に分けて投入していきます。一定の割合で果物を最初に投入し、ジャムとしてのコクを出していきます。コクが出たところで残りを投入して仕上げます。この製法により、ジャムとしてのコクがありながら、果物本来の香りやフレッシュ感を感じることができます。




パッケージデザインも変りました!

目を引くかわいいアイコンデザインとユニバーサルデザイン瓶を採用しました。
グリップしやすく、滑りにくいので蓋が開けやすくなっています。
おなじみのパスタソースと同じ形なので、いっしょに並べても統一感があっておしゃれです。





全部で11種類
すべて “くだもの実感製法” に変ります。

カシス  ブルーベリー  きいちご  いちご  いちじく  あんず  りんご  夏みかん  ゆず  ラ・フランス  白桃 


オールフルーツの歴史

サンクゼールのオールフルーツジャムは、1999年、直営店第1号の軽井沢店オープンに向けて開発されました。サンクゼール創業者久世夫妻が度々訪れていた欧米のスーパーでは、当たり前のように販売されていた砂糖不使用のジャム。「日本でも必ず売れる!」と持ち帰り、砂糖の代わりにぶどう果汁で甘みを調えました。使っている素材は全て果物ということで「オールフルーツジャム」と名付けました。当時は甘みの強いジャムが主流だったため、時代を先取りし、瞬く間に人気の商品となりました。サンクゼール店舗展開の幕開けから、共に歴史を歩んできたロングセラーのジャムです。




オールフルーツジャムは全国のサンクゼールで一斉に販売しています。

全国ショップ一覧はこちら