NEWS
2017年9月13日

パティシエの鎧塚俊彦氏、サンクゼールワイナリーを訪問!

「おいしい信州ふーど(風土)」大使として

「Toshi Yoroizuka」の代表として活躍されている、パティシエの鎧塚俊彦氏がサンクゼールワイナリーを訪ねてくださいました。
鎧塚氏は長野県が推進する「おいしい信州ふーど(風土)」の大使として、長野県内の農産地の取り組みなど幅広くPRする活動をされています。

サンクゼールではレストラン、醸造所、本店を見学され、サンクゼールのスタッフと意見交換を行いました。
飯綱町のりんごで造ったシードルやデリカテッセンで販売しているアップルパイを試食していただきましたが、さすが、パティシエとしてアップルパイをもっとおいしくするための、貴重なアドバイスも頂戴することができました。

「おいしい信州ふーど(風土)」を通して信州の食文化が発展していくことに、ますます期待します。

飯綱町と協力して取り組む「いいづなシードルブランデー」を試飲 (関連記事)

鎧塚氏を真ん中に飯綱町役場の職員さんとサンクゼールスタッフと記念撮影