はじまりは斑尾高原農場

サンクゼール誕生までのストーリー

序章

株式会社サンクゼールの創業者で代表取締役の久世良三は1950年(昭和25年)東京生まれ東京育ち。

都会っ子の久世と信州の出会いはスキーでした。久世は少年の頃よりスキーをするために度々、志賀高原を訪れており大学時代は競技スキーの選手になるほどでした。

慶應義塾大学を卒業後、大手スーパーに入社し食料品売場を1年間担当しました。当時を振り返って、「お客様の苦情を聞きながら商品管理を体で覚えた」といいます。

その後、実家の仕事である外食産業専門商社の営業を3年間手伝うのですが...高度成長ただなかの70年代の東京は通勤ラッシュに大気汚染、日々の営業にクタクタになりながら久世は次第に信州の大自然を頭に思い浮かべるようになりました。
「今後、スキー場などのリゾート地域は大きな市場に成長する可能性がある」と、家業の社長だった父親に開拓を任せてほしいと提案し、志賀高原や白馬のスキー場ホテル、リゾート飲食店や当時はやりのペンションを営業に回ったそうです。そうして、ホテルやペンションを回るうちに、ペンションの経営者たちのライフスタイルに憧れるようになりました。

長野の斑尾高原でペンションを経営したいという夢が次第に膨らみ、1年がかりで父親を説得。ついに、1975年(昭和50年)斑尾高原で念願のスキー客向けたペンションの開業にこぎつけました。
料理の修業は日本橋のレストラン「東洋」で半年間コックの見習いをしたそうです。自ら厨房・接客・掃除と何役もこなす、まさに目が回る忙しさだったといいます。(第1章に続く)