採用情報

「先輩社員の声」ワイン製造部 Aさん

1.入社から現在までの流れを教えてください

入社後の研修期間の後、本店へ配属。本店のショップ運営、ワイナリーツアーを担当。同年8月末にワイン製造部へ異動し、2013年の仕込みより携わる。

2.現在の仕事内容を教えてください

ブドウ栽培からワイン醸造、充填をはじめとする製品化作業まで、ワイン製造における作業をトータル的に携わる。天候や時期によって、注力する仕事内容が変わるため、場面場面に合わせた仕事を行っている。3月はワイナリーでは充填作業が主な仕事内容であるので、充填日や仕上げ作業日以外は、畑に出向き、剪定・枝下ろし等の作業を行っている。良いワインは良いブドウからしか成りえない事からも、できる限りブドウ栽培に手をかけていければと考えている。

3.仕事上でのやりがいは何ですか?

ブドウは年一度しか収穫できず、またそれに伴って、ワイン造りも年に一度しか行えない。良いブドウを収穫するために天候に対応したり、ワイン醸造する上で、無数にあるワイン酵母の選択、発酵温度、樽の選択等、様々な条件を組み合わせて、去年より良い物をと、挑戦の毎日。そして、同じ畑であっても、収穫されるブドウは毎年異なる為、ベストの組み合わせなど決定できるものでない。その中で、一年一年の経験を大切に、チャレンジ精神を忘れずに、高品質化を目指す事が求められ、やりがいとなっている。

4.仕事を通して成長したと感じる点は何ですか?

紙面上の知識やそれによって生み出された考え方が、実作業や実際の現場では通用しないことが多々ある為、五感を大切に仕事をする意識が身についてきたと思う。また、ワイン醸造や畑の状況は、自分に合わせて待ってはくれないので、まずは行動を起こす、そして時間は無限にあるわけでは無いので常に効率を考える事等、時間や時期の意識が身についてきたと思う。

5.サンクゼールの魅力は?

サンクゼールの魅力は、自分達の様な造り手が直接お客様の生の声を聞くことができる事、そしてそれを造りに活かすことができる事だと思う。また、お客様に直接、ブランドや製品の目指す所を伝えることで、自分達自身も見失うことなくワイン造りを行う事ができている点だと思う。