採用情報

「先輩社員の声」品質保証部 Hさん

1.入社から現在までの流れを教えてください

入社後の約1ヶ月は同期と共同生活をしながら本社エリア研修をしました。本社エリアの研修では、サンクゼールの基幹となるレストラン、本店、醸造、製造、ロジスティックの5か所をまわりました。
研修後は、サンクゼールマルシェ八ヶ岳店や軽井沢の店舗で2ヶ月の間店舗業務について学びました。
その後、入社した年の7月に品質保証部への配属となり、現在までの約2年間、品質保証部で働いています。

2.現在の仕事内容を教えてください

サンクゼールや久世福商店の商品を、お客様が安心して美味しくお召し上がりいただけるようにするのが品質保証部での仕事です。
具体的には、自社製造製品の出荷可否判定や製品のお問い合わせ対応、製品ラベルやカタログの校正がありますが、私の仕事は製品のお問い合わせ対応がメインです。販売商品についてお客様からの疑問や不明点をフリーダイヤルなどで受け賜り、解決していくお仕事です。お問い合わせ内容は、近隣店舗のご案内や美味しいお召し上がり方、製品の品質についてなど様々です。
時には問題を解決するために自社工場や協力工場に入り、製造工程や製品の仕様を改善していきます。

3.仕事上でのやりがいは何ですか?

お客様からの「ありがとう」は本当にやりがいとなっています。
お客様からのお問い合わせ対応をしていると、電話口でお客様からお叱りを受けることもあります。厳しいご指摘に対して誠心誠意対応した数日後、そのお客様から私宛てにお礼の電話やお手紙を頂戴することがあります。お客様からの「対応してくれてありがとう」「これからもがんばってください!」という言葉は、想像よりもはるかに嬉しいものです。
いただいたお手紙は今でも大切に保管しています。

4.仕事を通して成長したと感じる点は何ですか?

臨機応変に物事に対処するスキルをこれからも伸ばしていきたいです。
学生時代は、研究実験の手順や就活本などマニュアルに頼ることが多く、それでなんとかなっていました。しかし、社会人となってお客様とお話ししたり、トラブルに対応していると、マニュアルどおりにいかない時の方が多いです。
例えば、お客様へご指摘内容の回答をするためにお電話をすることがよくあります。事前にお客様との会話を想定し、それに対してどう答えるかをある程度考えてからご連絡しますが、はじめのうちは考えもしない質問をされて沈黙してしまうことがよくありました。何度も同じような失敗を繰り返すたびに、「あの時どうしていればより良かったのか」を考えるようにしていました。
今でもお客様との会話の中で言葉に詰まってしまう場面はありますが、常に振り返りを忘れず、これからも成長していきたいです。

5.サンクゼールの魅力は?

なんといっても「人」です!
困ったことは相談できる、聞いてほしいことは自分から話しにいける、サンクゼールで働いているのはそんな人ばかりです。就職活動中にも人の良さを実感することができました。面接では提出したESが真っ赤になるくらい書き込みをしながら話を聞いてくれました。緊張してなかなか思っていることを言えないでいると「ESに書いてあるこれは…」とフォローしてもらえる場面もありました。「数多くいる学生の中の一人」ではなく「私」として見てくれていると感じました。
ぜひサンクゼールの選考でサンクゼールの人の良さを実感してみてほしいです!